会社概要

商号大同開発株式会社
役員代表取締役社長 澤田 剛  (沢田工業株式会社 社長)
代表取締役専務 小堀 憲昭 (加州建設株式会社 会長)
代表取締役専務 北川 隆明 (北川ヒューテック株式会社 社長)
代表取締役専務 島 洋之  (島屋建設株式会社 社長)
事業の種目道路舗装用アスファルト合材製造
設立年月日昭和39年12月1日
資本金8,200万円
本社所在地石川県能美郡川北町字土室ほ9番地1
電話 (076)-277-8800(代)
FAX (076)-277-2043
川北工場所在地石川県能美郡川北町字土室へ72番地1
電話 (076)-277-8899(代)
FAX (076)-277-1159
能登工場所在地石川県輪島市三井町洲衛13字23-5
電話 (0768)-26-1118(代)
FAX (0768)26-1345
従業員数23名

当社の特色

  1. 県内有力舗装会社の加州建設㈱.北川ヒューテック㈱.沢田工業㈱.島屋建設㈱が共同出資した会社である。
    全国的には大手ゼネコン資本と地場資本との共同出資による会社は数多く見られるが、地場資本のみによるプラント工場は全国を見ても類はないユニークな会社である。
  2. 石川県内のアスファルト合材工場は13社あり、その生産能力は、1プラントあたり60t~120t/hに対し当社は360t/hの断トツの生産能力を有し、県内は勿論、全国的にも特筆すべき生産能力を誇っている。
  3. アスファルト合材は、一定温度を保持する制約があるため、他社工場は一部地域に配送が限定されるが、川北工場、能登工場を配置して、県内全域を網羅しているのは当社だけである。
  4. アスファルトプラントの多くは、新潟鉄工所や田中鉄工をはじめとするプラント専業メーカー製であるが、当社川北工場1号機は、当社が独自に開発した特許プラントである。平成14年11月1日に特許庁より特許(第3366600号)認証を受ける。

アクセスマップ


能登工場マップ

沿革

昭和39年12月
資本金7,500千円で設立
昭和40年4月
資本金30,000千円に増資
昭和40年7月
穴水工場に40tプラント設置
昭和46年3月
資本金45,000千円に増資
昭和46年3月
穴水工場に第2号機60tプラント設置
昭和46年9月
川北工場に第1号機120tプラント設置
昭和47年6月
川北工場に第2号機120tプラント設置
昭和51年10月
川北工場へ金沢工場の第1号機60tプラント移設
昭和53年7月
本社を川北工場内に移転
昭和54年3月
穴水工場にバグフィルター(集塵設置)設置
昭和54年6月
川北工場に合材サイロ(200t)設置
昭和56年6月
穴水工場に合材サイロ(150t)設置
昭和56年8月
工作室新設
昭和58年3月
川北工場2号機にバグフィルター(集塵設置)設置
昭和59年3月
川北工場1号機にバグフィルター(集塵設置)設置
昭和60年6月
資本金82,000千円に増資
昭和60年11月
川北工場第1号機改良(アメリカ、アスティック 社製ドラムミキサーを導入)
平成元年11月
川北工場第2号機に合材サイロ(200t)設置
平成3年11月
川北工場にクラッシングプラント設置
平成7年10月
能登工場にクラッシングプラント設置
平成8年11月
川北工場調整池油分離槽新設
平成12年9月
川北工場管理棟新築
平成12年10月
川北工場新1号機設置
平成14年11月
川北工場新1号機特許認定(第3366600号)
平成19年2月
川北工場焼却灰設備設置
平成19年6月
川北工場1号機 リサイクルプラント専用バグフィルター設置
平成19年12月
川北工場マーシャル安定度試験機一式導入
平成22年5月
川北工場砕砂プラント設備設置
平成26年12月
川北工場ストックヤード新築工事

大同開発株式会社

<本社>石川県能美郡川北町字土室ほ9番地1
TEL:076-277-8800 FAX:076-277-2043